読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

重信の楠田

しごとと生活に精一杯のアラサーです。
毎日クタクタになってそれでもしごとをしていますが、ある日、鏡をチラっとのぞいて何か違和感があり、もう一度しっかり自分の顔を見てびっくりしてしまいました。
目の下のクマ、シワの増加がくっきり見てとれ、日頃の余裕のなさをはっきり映っていました。
この日から、私の心境に変化が生まれたのです。


どれ程疲れていようが、家に帰ったらメイクしたままの顔で眠ってしまったりしないよう、ちゃんと一通りケアをして、自分の肌を保護しよう、シワを増やさない努力をしようと心に決めました。シミなどのお肌の悩みが年をとると一緒に多くなっていくのは、嫌になってしまいますよね。



道行く若い人の肌に目がいってしまうと、シミ知らずの潤ったキレイな肌で、お化粧が映えてるなぁなんて思うと、羨ましいの一言につきます。


今この時からでも若い肌を保ちつづける努力をして、これ以上、「シミが増えた」なんてことのないようにしようと思っているのです。

シミは紫外線と肌の老化が大きな原因になるということは有名ですから、UV対策とエイジングケアを忘れずにやります。顏のシワが、その人の顔の一部として認識されるようになるのは、大体38歳くらいかなと個人的には思っています。このくらいの年齢になると本当に実感するのですが、ナカナカ疲れがとれなかったり、目の下に横たわるクマとかほうれい線がなんだか急に顔の中で目たつ存在になってきたように思えます。38歳になるまでは、肌の調子がすごく落ちていても、ケアして眠れば翌日には疲れがとれていたと思います。でも、38歳になった途端、肌がいい状態に戻るのに、少し時間がかかるようになり、それどころかもう、復活する日はないのでは?とすら思ってしまいます。
全身至る所に血管は走っており、身体の表面を覆う皮膚のあらゆる部分を毛細血管はカバーしています。

毛細血管は、皮膚を構成する表皮や真皮の細胞に、血液を介して酸素や水分、栄養を届けて、逆に細胞から排出される老廃物を排出するパイプにもなっています。
タバコを吸うと、化学物質の作用であらゆる毛細血管が収縮します。道が狭くなり、毛細血管の隅々まで栄養が届かなくなります。酸素や栄養が隅々まで運ばれないので、表皮の機能は低下し、皮膚のバリアとしての力は弱ります。

真皮もその機能を落としてしまいます。


こんな風にして、肌の弾力も張りも、なくなっていってしまいますので、しわやたるみが増えてしまうのです。喫煙は、みずみずしい肌のためにはおすすめすることができません。
キメが細かい肌と言ったら、もれなく美肌をさします。キメとは、肌の表面に走る皮溝という細い溝と、皮溝が区切る皮丘という部位でつくられた模様のことをさします。
キメの整っている肌の表面では皮丘大きさのちがいがあまりなく整然とよく揃っています。

ところが、皮膚のバリアの役目を担う表皮が乾燥し、荒れると、皮丘はその形を乱し、キメは崩れてしまいます。



表皮の荒れを放置しておくと、表皮の持つバリアの機能もどんどん低下しますから、より深い位置にある真皮にもダメージが届くようになります。傷んだ真皮が肌をしっかり支えることができなくなり、こうしてシワが増えていきます。シミでお困りの女性にちょうどの飲み物はローズヒップティーです。



ハーブティーの中でも有名ですよね。
レモンの数十倍というたっぷりのビタミンCが摂取できる飲み物で体の中から退治したいメラニンに効き、アンチエイジングの女王コラーゲンが活性化するというのですからシミやくすみの予防をし、クリアな肌を手に入れられます。
http://jozsdmhd5ge5l45hdnaw.hatenablog.com/
老化の原因にもなる活性酸素からも体を守ってくれますし、若い肌を取り戻すのにもいいですね。しわ取りテープという商品をご存知でしょうか。貼るだけで顏のしわを取ってくれるというこのしわ取りテープなのですが、テレビで少し前にコスメやその関連に詳しいという芸能人により紹介されており、その人自身も愛用しているということした。これはしわをのばしてテープを貼り、しわが取れるよう皮膚の矯正を行なう商品のようですが、これを貼ってる最中は引き締まった気がして、いい感じらしいのですが、長い時間使用すると、肌の負担もかなり大きいらしく、貼りつけた部位が赤くなったり、荒れてしまったりすることもあるみたいです。

しわ取りテープでトラブル続出!みたいなことを避ける為にも、使用説明書をよく読んで、使用法を守りましょう。

加齢に伴ってシミができてしまったり、UVケアを怠っ立ために蓄積した紫外線によるダメージが原因となってできたりしますけど、色々な疾患がシミの原因だったということもあります。もし、いきなり顔のシミが多いと感じるようなら、疾患が起こる前触れであったり、すでに病気になっている可能性もありますので、なるべく早めにクリニックで現状を伝えてちょーだい。